ボートレース若松優勝選手

優勝選手リスト

    ()

    田頭実 若松16V!


    3257 ()


     梅雨だけど田頭のスタートだけは湿らなかった。若松ボートの「マクール杯」は8日に優勝戦が行われた。1号艇の田頭実(51歳=福岡)がインから一人だけ突き抜けるトップスタート。他5艇は遅れをとるスリット隊形で、田頭がイン先マイから先頭独走。若松では16回目、今年は5回目の優勝を飾った。5月から4場所連続Vと絶好調だ。

    ===


     進入は126/345。

     スタートで勝負は決まった。

     インの田頭はコンマ13。

     対する他の選手は、2コースから順にコンマ41、37、31、28、29。白カポックだけ気持ち良く突き抜けているスリットだった。

     他艇がスタート届かない中、一人だけ的確なスタートを決めてくるS巧者の田頭。さすがだった。

     田頭は難なく1周1マークを先マイ。誰にも影すら踏ませない。バック直線に抜けて、先頭に立ち2マークもターン。あとは悠々と周回を重ねてゴール。先月のGW戦に続き、今月も若松で優勝を飾った。

     レース後「今日は合ってなかったですね」と田頭。調整面で不安はあったようだった。それでも、スタートできっちり先行して優勝という結果を出して、安堵の表情を見せていた。
     
     ウィニングランでは、梅雨の蒸し暑い中、水面際で声援を送るファンに丁寧に応えていた。「たくさんの方がいたので、ゆっくり走らせてもらいました」。そう話すと表情が緩んだ。田頭の爽快なスタート、走りっぷりで、スカッとしたというファンもいそうだ。

     当地では16回目の優勝。「若松では負けたくないと思ってます」。地元で燃える闘魂は強い。

     これで今年5Vに到達。5月から4場所連続Vと絶好調の波に乗っている。51歳、元気いっぱいだ。

     次走は浜名湖。5場所連続Vなるか、期待高まるレースになる。




    ===
    ※この文章を他のホームページ等へ、無断転載することを禁じます。

    (文:吉川)

    日目 12R優勝戦 レース結果

    登番 名前 タイム 決まり手
    スリット ST

    TOP