ボートレース若松優勝選手

優勝選手リスト

(平成30年7月7日)

山口達也 イン逃走V


4370 ()


 若松ボートの「マンスリーBOATRACEカップ」は12日に優勝戦が行われた。オール3連対の成績で勝ち上がってきた1号艇・山口達也(31歳=岡山)が1周1マークをイン先マイ。マクリも差しも寄せつけず、きっちりと逃げて1着ゴール。今年初、当地でも初の優勝を飾った。

===



 初日の第1走は3着だったものの、それ以降は2、1、1、2、 2、1、1、1の安定感で勝ち上がってきたのが1号艇の山口だった。

 機は仕上がり、リズムも良かった。

 優勝戦。 進入は123/456の隊形。

 インの山口はコンマ16のスタート。

 カドの4号艇・松本博昭がコンマ11のスタートを切ってきたが、インの山口も伸び返して問題なく1周1マークを先マイ。外に膨らむことも、落としすぎるようなこともなく、鮮やかなスピード旋回。

 3コースから握ってきた石橋道友、2コースから差してきた赤坂俊輔の攻めを封じて、バックストレッチへ。単独先頭。

 続く1周2マークもトップで旋回決め、首位を固め、あとは周回を重ねて1着ゴール。

 今年初、当地でも初の優勝を飾った。

「スタートはバッチリ。足はすごく良かったです。(若松次回出場時も)一生懸命頑張ります」。そう言って若松ピットを後にした。

 これで通算では21回目の優勝。今年はいくつVを見せてくれるだろうか。
 
 次走は常滑へ出場予定だ。


-----


【長崎勢の活躍】
 今節は長崎支部の選手が7人参戦してきていた。Vには届かなかったものの、赤坂は予選トップ通過、石橋は予選3位通過の活躍で存在感を示した。62歳の大ベテラン・尾崎鉄也が最終日に見せた豪快な握りっぷりも凄かった。



===
※この文章を他のホームページ等へ、無断転載することを禁じます。

(文:吉川)

日目 12R優勝戦 レース結果

登番 名前 タイム 決まり手
スリット ST

TOP